松茸犬大活躍 5-5

かくしてとある10月の秋の日は暮れて、大ちゃん〔右〕とお友達の幸ちゃん〔左〕は 焼きマッタケもすき焼きも身体に毒といってひときれももらえず、結局、いつものドッグフードの夕食で終わったのでありました。
ああ―あ、骨折り損のくたびれもうけのいちにちだったねーとお互いなぐさめ合い身を寄せ合い眠りにつく大ちゃんと幸ちゃんの二人、いや2匹でした。

かわいそ~な、かわいそ~な・・・松茸犬残酷物語でした。

投稿者 kaien : | コメント (0)

松茸犬大活躍 5-4

今回の釣果、いやちがった、松茸果はこのとおり、200本ぐらいの大成果でした。
といっても、
友人に配るだけでも一苦労ですが、そこになんともいえぬ喜びもあるという感じですか。

投稿者 kaien : | コメント (0)

松茸犬大活躍 5-3

で!! で !! 出たあー!!!
大きいぞ。 しかし傘がひらきすぎかなー。
それでも得意そうなダニエルさんのポーズです。 決まっています。

投稿者 kaien : | コメント (0)

松茸犬大活躍 5-2

ダニエルさんが周りの土を慎重に掻き分け掻き分けしていくとかなりの大きさのどうもマッタケが姿をあらわしてきたではありませんか。 
思わず、こぼれる笑み。
焼きマッタケがいいかな?あるいはすき焼きに放り込むかなー?
めまぐるしく今夜の料理が頭に浮かびます。

投稿者 kaien : | コメント (0)

松茸犬大活躍 5-1

おやおや、まったけ犬の大ちゃんがなにかみつけたようだぞ!!!

投稿者 kaien : | コメント (0)

北米のマッタケ

2004年10月、マリナーズの一選手が262本の年間最多安打メジャーリーグ記録を更新しようとしていたとき、われわれは262本以上の松茸の採取を達成していた。〔比較するのも馬鹿げてはおりますが。〕

北米のマッタケは日本でも中国他世界各地から市場に入ってきておるものと同様日本市場ではおなじみですが、日本のマッタケと若干色目が違っており、笠等は白っぽい通称“白松茸”と呼ばれている種類ですが、香りは日本の一般マッタケよりもこちらのほうが強いといいうのが一般的で、価格的には安いのですが、食べる方としてはこちらの方が良くて大満足と言う意見がよく聞かれます。

さて、この北米まったけ、西海岸ではAlaska、Canada、BC州、Washington,Oregon,そして南のメキシコまで極端にいえば、どこにでも生育するというしろものですが、問題はその年の天候によって、大きく左右され、実際には3-4年周期あるいは大統領選?にあわせて、豊作凶作を繰り返すと言う説もあるぐらい変動するのが実情で、2004年は久しぶりの豊作に恵まれたといえるでしょう。

さて日本では松茸の場所は親にも教えられない?と、いいますが、このわれわれが住むSeattleではOutdoorの釣りあるいはハイキング等の一環で友人と弁当もちでわいわいと行くのが基本でその結果、たまたまお土産ができればさらに満足と言う感じがこちらの松茸狩りのスタイルといえるでしょうか。

今回は当方一家と友人のダニエルさん一家およびまつたけ犬2匹の参加となりました。場所もSeattle近郊でいいますと、Seattleは西が海に面した港町ですが、東側にカスケード山脈という大きな山並みがひろがっており、40分ぐらい車で走った松林にて即採れる年は採れるという簡単なものです。ただし、そのAreaは特定できても、松茸そのものを見つけるとなると、若干の経験と生育に適した場所の特定がいわゆる技術とよべ、それが、若干必要といえるかもしれません。それゆえか、当方の友人にも俗にいう松茸おじさん、おばさんが存在しており、それなりに一味ちがう成果をだしてはおります。
当方の経験からいうと、豊作年はどこでもとれますが、あえて傾向としては、

* 南東斜面の終日日当たりがよい斜面

* 土壌はあくまでも沼地のごとくじめじめした湿気の多いところではなく乾燥している風通しの良い場所

* 松茸、松茸菌が一定の再生するところは当然同じ場所より、一度採ったところの場所は記憶しておく

* 松林、松の木の下が基本のなかで、樹齢がふるいあるいは倒壊して松の幹が粉上に地面に長期にわたって朽ちているところ等は松茸菌が発生しやすいのか、比較的多く採れる傾向があります。


HaHaHa,そんなTipでは全然ととれる場所がわからないという貴方。
石のうえにも3年と言いますが、とにかく気楽にハイキングで10月~11月に松林をあるきまわることです。それだけでもすばらしい森林浴が楽しめます。ついでに犬を連れて行けば、“犬も歩けばーーー”のことわざのとおり、運がよければ、松茸が発見できるでしょう。

鮭の王者ユーコンキングも美味しいですが、自分でとる秋の味覚の王者“松茸もやめられません。

北米のOutdoorはまさにグルメスポーツです。

投稿者 kaien : | コメント (0) | トラックバック (0)

フィッシング




投稿者 kaien : | コメント (0)